お気に入りリュック

 

愛用の「お打ち合わせキャリー」と革リュックで、祇園へ

10月の結婚式の撮影お打ち合わせに出かけました。

本日は祇園で撮影お打ち合わせ。愛用の「お打ち合わせカート」と、今一番寵愛している革リュックで。年々「限られた良いものと長く付き合いたい」という思いが強くなっています。#delsey #AntiFormeDesign#かばん好きを語りたいっ

この「お打ち合わせキャリー」は数年前、ベルギーで買い求めたもの。

こういう形のものを「パイロット・キャリー」っていうんだそうですね^^

キャリーの上側がガバッと全開するので

中身を出し入れする際にキャリーを横倒しする必要がなく

狭い場所でもスマートに使えるところが気に入っています。

この日のように、小さなカフェで沢山のウェディング写真集をお見せするのに

とっても便利♪

_DSF1742

そして、革リュックは昨年、阪急梅田店を通り抜けようとしていた時に偶然出会い

珍しく「即買い」。

理由は、革製であること。

前ポケットにX-100Tが入ること。

_DSF2148

背面ポケットにお財布と携帯が収納できること。

_DSF2150

これ、大事!

スリの多い海外でも安心して使えそうです^^

本体部分には、X-T1とレンズ2本、ipad miniが標準装備。

_DSF2154

このグリーンのスリム型インナーケースがまた便利。

大抵のバッグにすっぽり収まる形なので

どんなバッグもカメラバッグに変身させてくれます^^

なで肩の私にとってリュックは切実な必需品。

理想のリュックを求めて試行錯誤しつつ

用途によって色々なリュックを使い分けています。

そのうちバッグメーカーに「究極のリュック」のアイディアを提供したいと思っているほど(笑)

けっして贅沢はできないけれど、年々

限られた良いものと長く付き合いたい

という思いが強くなっています。

パイロット・キャリー…DELSEY
革リュック…Anti-Forme Design Afd
インナーケース…
BILLINGHAM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。