New Year, New Blog☆

2016年の幕開けと共に
当ブログ「PhotoMichi press」も
ご覧のとおり新しいデザインになりました☆
(プラットフォームはWordpressを利用しています)

新しい「PhotoMichi press」の特徴は

■メニューバーから「カテゴリー別」に記事を閲覧できるようになったこと
ブログの「近況報告」としての機能より、「ポートフォリオ」としての機能を強化しました。

■過去の記事にアクセスしやすいレイアウトになったこと
私は「古い記事ほど価値が高い」(例えば雑誌も、最新刊を読む以上に、バックナンバーを読み返すほうが未来へのヒントを得ることが多い)と、常々思っています。
なので当ブログも、カテゴリーやタグを手がかりに、過去の記事までじっくり・ゆっくり(お茶を味わうように♪)読み返していただけると嬉しいです^^

■Responsible(スマホ対応)デザインになったこと
これからはPC、タブレット端末、スマホ…どれで見ても同じデザイン&快適性でブログをお楽しみいただけます!
※高画質かつ高速読み込み仕様になっていますが、それでも状況によっては画像の読み込みに時間がかかる時があるかもしれません…その時は少し気長にご覧くださいね。
ちなみに(見出し以外の)画像をクリックしていただくと大画面のフォトギャラリーになります。

ブログのベースは既存テーマを利用していますが、
デザインや配色は徹底的にこだわってカスタマイズしました。

まもなくホームページもResponsibleでリニューアルしますので、お楽しみに(^_-)

■SNSとの連携強化
当ブログに記事をUPすると原則として自動的にFacebookやTwitter上に新着情報が流れます。
また、Instagramの投稿が当ブログにも反映される仕組みになっています。

皆さま、1番親しんでいるSNSから記事をご覧くださいね(Facebook、Twitter、Instagramでハッキリ読者層(ウケ)が違うのもナカナカ興味深いです^^)。

ただし、同じ記事でもSNS、ブログで内容が変わります!
現に、この記事も元々はInstagramの投稿を利用していますが
大幅に文章を書き加えてブログにUPしています。
なので・・・できればブログもSNSも全て読んでくださいっ(≧▽≦)

なんといってもSNSの手軽さ・親しみやすさは圧倒的ですが、
私はカテゴリー別に写真を観ていただくこと
長めの文章でじっくりアイディアを読んでいただくこと
そして、実際に撮影したお客さまの写真や、お作りした写真集を1つ1つ丁寧にご覧いただき、
オーダーをいただくという形が1番、嘘がなく、自分のスタイルにも合っていると思います。

なので、繁忙期によって、記事を書く時間があったりなかったり・・・どうしても波があるとは思いますが

今年はブログを頻繁にアップデートすることを目標にします!

これを言いたかったのが、
新年早々、徹夜までしてブログのリニューアル作業に精を出した1番の理由です^^
10261044_473415492848888_1360313383_n

さて、

年が明けて2日目。
やっと家族でお正月らしいほっこり時間を過ごしました。
お客さまに教えていただいたスコーンが絶品のTea Room「ANte」にて♪

それでは皆さま
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

LE SPORT SAC for Camera

 

今、発売中の『レスポート・サック』ブランド・ムック本の付録になっている
コンパクト・ミラー付きバニティバッグに_
カメラ屋さんで売っているカメラ用インナー・ケースをセットして_

 

カスタムメイドの「バッグ・イン・カメラバッグ」を作りました☆

一眼レフなら
ボディと単焦点レンズとカメラストラップが入ります。
(もちろん、ちゃんと蓋も閉まりますよ~)
交換レンズ入れとしては
大きさにより1~3本程度のレンズが収納可能。
ミラーレス機なら
レンズ3本の上にボディとストラップまでがスッポリ!
私の「ミラーレス・セット」が全て収まります。
バニティバッグなので
バッグの蓋や周囲にポケットがぎっしり付いていて
SDカードや電池、フィルターなど
こまごました物が収納できるのも、とても便利。
オマケのコンパクト・ミラーもポートレイト撮影などで役に立ちそう^o^
この「バッグ・イン・カメラバッグ」があれば_
トート・バッグも_
リュックサックも_
ショルダーバッグも_
どんな手持ちのカバンも
オリジナルのカメラバッグに早変わり♪
「バッグ・イン・カメラバッグ」に入れて持ち歩くと
カバンの中でカメラとそれ以外の小物とがゴチャゴチャすることもないし
カバンの中からカメラ道具一式だけをスッと取りだすことができます。
巾着やケースに入れるよりも、バッグの中からカメラ道具を取り出しやすいのも魅力ですね。
このバニティバッグのサイズや軽さが
ちょうど私の探していたものとピッタリだったので
書店で見つけたときは思わず小踊りしそうなほど嬉しかったです^^
柄が気になる男性などは
無印良品のバニティバッグなども良いかもしれませんね。
(でも、男女を問わず「バッグ・イン・カメラバッグ」は、これくらい派手な方が使いやすい気もします)
化粧用品がカメラに役立つなんて
ちょっと面白いでしょ!?
※カメラのチャームは後から付けたものです。
これから外へ出て写真を撮るのがどんどん楽しくなってくる季節。
よろしければ参考にしてくださいね(^_-)/