The Little Ceremony


ささやかなセレモニー

ウェディングに
折々の記念に
未知フォトサロンの
「ささやかなセレモニー」で
深く、思い出に残る写真撮影を。

 

ABOUT

 

「ささやかなセレモニー」のこと

お誕生、七五三、成人、入学、卒業、就職、アニバーサリー、そして、ウェディング…  人生は、幸せの数だけ記念写真を撮る機会にあふれています。
そんなとき、単にカメラの前でかしこまってポーズをとるだけでなく、その記念をお祝いするセレモニーを催し、心からの表情、気持ちまでも写真に残すのはいかがでしょうか。
セレモニーといっても堅苦しいものではありません。
気持ちをあらわす手紙と美味しい「お茶の時間」で織りなす、優しいひとときです。
見返すたびに心あたたまる記念写真をー
それが、「ささやかなセレモニー」のコンセプトです。


未知フォトサロンのこと

未知フォトサロンは、Michi Photographyの小さな写真室です。
ウィリアム・モリスの壁紙とアンティーク小物に包まれる「MORRIS ROOM」、そして、草花と光がいっぱいの「ALICE GARDEN」で、イギリスの私邸の居間を訪れたような気分を味わいながら写真撮影をお楽しみください。
場所は、京都郊外の長岡京市。
桜、紅葉、竹林が豊かなロケーションと、素敵なお店のある「京都の穴場」です。

 


フォトグラファーのこと

Michi Photography|渡辺未知
姉の結婚式を撮影して作ったアルバムを評価されたことがきっかけでウェディングフォトグラファーの道へ。
イギリス留学を経て、帰国した2004年にMichi Photographyを始動。
「さりげなく、深い」ウェディングフォト&折々の記念写真が共感を得て、京都から全国そしてイギリスで活動を展開。
見た目の派手さよりも中身の豊かさ=The Quality of Lifeを大切にするイギリスのライフスタイルを日本でも提唱したくて、未知フォトサロンの「ささやかなセレモニー」をはじめました。
イギリス王立写真協会(RPS)正会員
日本ウエディングフォトグラファーズ協会(JWPA)理事

 

Wedding

未知フォトサロン
WEDDING

式場ウェディングではない
単なるロケフォトとも違う
写真家と作る
写真だけじゃない結婚式。
今の時代に提唱する
新しいウェディングのカタチです。

 

 

未知フォトサロンWEDDINGのこだわり
たっぷりおしたく撮影

ウェディングの「おしたく」はドラマティックなシーンの宝庫です。
それなのに…
日本の式場ウェディングでは、支度室の撮影ができない/本物の支度が終わった後で「支度してるふりしてるシーン」を撮影するよう指示される/などということが多く、つねづね残念に思っていました。
未知フォトサロンWEDDINGでは、イギリスの私邸の居間(サロン)のような「MORISS ROOM」にて、最高にドラマティック&フォトジェニックな、本物の「おしたく」シーンをたっぷり撮影します。

 

 

ささやかな結婚式

イギリスでは、Register Marriage(レジスターマリッジ)が盛んです。
レジスターマリッジとは、新郎と新婦の信仰が異なる場合や、無宗教で結婚式を挙げたいカップルが、レジスターオフィス(役所の一部に設けられた挙式スペース)又はそれに準ずる場所で挙げる、いわゆる人前式のこと。
神様への誓いに代えて、手紙や好きな詩を朗読して愛を誓ったり、時には歌を歌ったり。ささやかながらも、ユニークで心温まるレジスターマリッジ。
厳かな宗教式も良いですが、選択肢の1つとしてレジスターマリッジを選べるのは、とても素敵なことだと思います。
日本は婚姻の法制度が違うのでイギリスと同じようなレジスターマリッジはできませんが、未知フォトサロンでは、イギリスのエッセンスを採り入れたオリジナルの「ささやかな結婚式」を行ないます。
フォトグラファーが発行する結婚証明書に法的効力はないけれど、最高の「シアワセ証明書」になるよう、願いをこめて。

 

 

珠玉のフォトセッション

ウェディングのポーズ写真って、笑えないくらいベタな写真か、笑っちゃうくらいキザな写真が多いと思いませんか?
もっとさりげなく、もっと深い、ウェディングフォトを。
何年経っても、誰が見ても、すーっと幸せな気持ちに浸れる写真。

ちゃんと人間味が伝わってくる写真。
それは、とてもシンプルなウェディングフォトだと思うから。
未知フォトサロンでは、 広大な会場やロケーションのような写真は撮れませんが、コージーな空間と自然な表情・ポージングで、珠玉のウェディングフォトをお届けします。

 

 



婚礼衣装でお茶を


ウェディングって、やっぱり緊張するもの。

新郎新婦が無理に笑おうとしなくても、自然と、最高の笑顔になれる方法はないかしら?そう考えたとき、WEDDING TEA TIMEがひらめきました。
子供の頃、ぜんそく持ちで病弱だった私は、お布団の中で読む「メアリー・ポピンズ」や「くまのプーさん」にでてくるティータイムに癒されて過ごしました。
決して楽しいことばかりではなかったイギリス暮らしでは、現地の人たちが口癖のように言ってくれる「Would you like a cup of tea?(お茶でも1杯いかが?)」という言葉にずいぶん救われたものです。
今も、落ち込んだり、考え事で頭がパンクしそうになった時には、ひとまず美味しい紅茶と、ちょっとしたお菓子で心身をリフレッシュします。
そんな、魔法の力を持つ「お茶の時間」。
おふたりの幸せを祝福するのに、これほどふさわしいご馳走はないように思います。
なにより、婚礼衣装を着てティーカップを持つ姿は、このうえなくエレガント。私の大好きな「ポージング」でもあるのです。

 

Memorials

未知フォトサロン
折々の記念

何か特別な日に
あるいは
日常のふとした折りに
「ちょっと、美味しいものを食べに行こう。」
そんな感覚で
「ちょっと、記念写真を撮りに行こう。」
と、
未知フォトサロンをお訪ねください。

 

 

折々の記念写真
マタニティ&ベビー

撮影します。

 

 

ファミリー

願いをこめて。

 

ライフイベント

お届けします。

 

 


ポートレイト


このうえなくエレガント。

 

 

PLANS

Coming soon